クリニックを開く

医院の開業を行う際に現在、注目されている支援サービスがあります。後継者がいないため閉院する個人の医院に対して、開業を希望する医師を紹介するサービスです。 閉院する医院のメリットは患者を他の医療機関に紹介する必要がなく引き継げるので、患者の負担を減らすことができ、さらに施設を有効活用することができます。 また、開業希望の医師のメリットは施設や設備に対しての初期費用が掛からないことや患者を引き継げることができるので開業から安定した経営を行うことができ、広告費用などを削減することができます。 現在、開業医の高齢化や後継者不足が社会問題となっているため、今後も拡大が見込めます。これに伴い、対応している企業も増加しています。

類似、競合しているものとして医療ヴィレッジがあります。 医療ヴィレッジとは、外科や内科、皮膚科など様々な診療科の医院が一つの敷地内に集まり、治療のネットワークを構築するものです。さらにCTやMRIなどの高度な設備も共有することでコストを削減し、より高度な治療行うことができるとして医師や患者にも注目されている取り組みです。医療ヴィレッジにも様々な形態があり、都心部ではビル一棟に集まるタイプや広い敷地内にそれぞれが医院が建築され集合しているタイプがあります。 運営を行っているのは、主に製薬会社や医療機器販売会社といった医療関連の企業で、これまでのノウハウを活かしたサポートを行ってくれるので活用することで医院を開業するときに参考にできます。