様々なサポート

事業を実際に始める際に様々な準備、活動が必要となりますが、その支援・代行などを行うのが開業支援です。 法律上必要とされている手続きなどを行えるのは、士業者ですが、たとえば、税法上の開業届、労働保険や社会保険の新規適用届け、会社設立の登記手続きは司法書士などの士業の独占業務は他の人は行うことが出来ません。 しかし、ほかの部分での相談や代行、支援は行うことが出来ます。 例えば、資金調達の方法、具体的な相談、マーケティング活動の支援など開業支援も実際に開業する起業者が望むものにより異なってきます。 以前は、起業者が開業支援をしてくれる人を探してきてそれぞれの分野ごとに仕事依頼したことが多かったようですが、最近はパッケージで依頼することが出来るサービスが出来てきました。

開業支援がパッケージで依頼されることが多くなりつつあるようですが、士業の分野についてはその方が依頼者側が負担する手数料が、各士業ごとに手続きを依頼するより安くなので、1カ所で事業を行っているワンストップサービス事務所のようなところに依頼することがメリットが多くなります。 しかし、資金調達やマーケティングなど、ほかマネジメント分野の専門的なものは開業支援を行う事業者の経験分野や専門性にもよるので、依頼する先は異なってくる、異なるべきだと思われます。 士業者の場合は、成果物に差が出にくいものの、マネジメントに関してのアドバイスなどはその人の経験値や能力によって、依頼者にとってベストなものが異なるからです。